熟女に手の平で転がされる男子

  • 投稿日:
  • by

最近では草食男子と表現されることも多くなった男子。そして肉食女子という言葉で表現されることも多い女子。現代の若者たちの男女差は意外なところで出てきているように見える。ほんの数十年前までは亭主関白だの、俺についてこいの時代だった、まさしく誰が見ても男子優勢の時代だったはずが、その後にこんなにも変わるとは正直驚いている。
ただ、今の時代で考えてみると、まず昔と違って、子供の育て方に変化があり、いわゆる現代は過保護時代。
子供の自立というよりかは、母親が先回りして支えるようなスタイル。
そのような環境で育った男の子は、大人になっても誰かにサポートしてもらうことの心地よさを忘れられず、自分より大人の人を選ぶ傾向があるのかもしれない。
つまりは自分が誰かを引っ張っていくという環境よりかは誰かに自分を引っ張ってもらいたいのだ。熟女女性は元より母性本能というものが備わっているので、実際包み込む力は男性よりあるのかもしれない。時にお姉さん、そして妻、そして母親と役割を器用にこなす年上女性たちは、年下の男子にとっては心の安心感を得られるのでしょう。まるでやんちゃな男の子がお母さんに手のひらで転がされている状況と全く変わりない。甘えたい時に優しく包んでくれる年上熟女女性。年下男子にとってはたまらないのかもしれない。

熟女がバーに行く理由は大きく分けて2つ考えられます。
まず1つめは、好奇心です。知り合いがバーへ通っていたり、顔見知りだった場合、便乗して連れて行ってもらうパターンが多いです。
普段なかなか接点がない為、生の現場の空気感を感じてみたい、もしくは男の人と話してみたいという好奇心が旺盛の熟女に多く見られます。
バーと言っても様々ですので、気軽に飲みに行けるお店も多く、思ったよりも入りやすかったり、馴染み易かったりします。
バーのマスターの話はとても興味深く、思わず聞き入ってしまう事も。
先入観で判断せずに、自分の感性で物事を受け止める事が出来る熟女は、バーで楽しく飲む事が出来るでしょう。
2つめは、男性とのいざこざにうんざりしていて面倒な時、そういったトラブルが全く発生しない所で、心置きなく飲みたい場合に利用するパターンです。
大きな失恋をした後や、男性に対してうんざりしている時は、バーの方が、落ち着くという人は意外といるものです。
バーでしたら男性に口説かれたり、話しかけられたりといったウザイ事は皆無です。
そんな熟女女性にとっては、ただ出会いを楽しみながら飲む事だけに集中出来る環境だとも言えます。
また経験豊富なバーの人達に恋愛の悩み相談をする場合もあるようです。
同じ女性や、恋愛対象の男性とは全く違った視点からのアドバイスに、元気を貰ったり、新たな発見がある事も多いでしょう。
保守的で臆病な熟女にとっては、バーという世界は未知の世界なので、行きたいという気持ちすらないかもしれません。
型にはまらない自分軸で生きている女性や、何にでも興味を持つ好奇心旺盛な女性の方が、バーに行く確率は断然高いでしょう。熟女出会い掲示板

彼に喜んでもらえた

  • 投稿日:
  • by

 それはお付き合いした熟女の私と彼氏と初めてのバレンタインデーでした。どうしても彼が手作りが良いと言うので私は頑張って何度か練習してチョコレートケーキを彼のために焼きました。彼は甘党だったのでチョコをたっぷり使って作った自信作です。
私は実は料理が苦手であまり彼にご飯を作ったことがありません。ですから料理が本気でできないと思っていたらしいです。そんな彼は私の手作りケーキを見た時にすごくびっくりしてくれて思っていた以上に反応良く喜んでくれました。これは作った甲斐がありました。味も練習しただけあって、丁度良い甘さと上品な味で彼は「美味しい」としきりに言いながら食べていました。その姿を見ていたらなんだか幸せだなぁと小さな幸せを感じました。
実は私の彼氏はバレンタインデーに彼女に手作りチョコをもらうことが夢だったらしくてずっとにやにやしていました。私からすると市販のチョコ菓子の方がずっと美味しそうでいいと思うのですが、熟女の彼女からは「手作り」がもらいたいらしいです。だからすごく嬉しいと言っていました。私は甘いものが好きなので料理は苦手ですが、お菓子作りの経験はあります。美味しいケーキを作れて良かったなと思いました。彼の笑顔が見れたことが一番嬉しかったです。

私はバレンタインデーに告白したことが一度だけあります。相手は私より一つ年上の先輩でした。学校で呼び出してチョコを渡した折に告白しました。私の時代は女性から告白するような人は少なくて、結構目立ったと思います。それでもどうしても想いを伝えたくて告白しました。
手作りのトリュフチョコをラッピングして、それに手紙を付けて渡しました。
そして好きだと言うことと、返事をホワイトデーにもらいたいということを告げたのです。すごく恥ずかしくて、渡した後はすぐにでも彼の前から離れようとしたのですが、引き止められました。そしてなんとその場でOKの返事を貰えたのです。まさかの事態に私はもうテンパってしまって、ひたすらあたふたしました。でも本当に本当に嬉しかったです。
こうして私たちは付き合うことになりました。私はホワイトデーに返事を貰う気でいたのですが、彼氏はそれまで待てなかったみたいです。
実は部活が一緒だった先輩は私のことがいつからか好きになっていて両想いだったと聞きました。すごくびっくりしましたし、こんなことは予想していなかったので私は幸せものだと思います。ダメもとで告白したので、OKを貰えたことは本当に嬉しくて堪らない気持ちになりました。彼とのことはすごく良い思い出になっています。

熟女のバレンタインデーの思い出

  • 投稿日:
  • by

2月といえば、バレンタインデーですね。年が開けたばかりな気がするけど、今年もうそんな時期ですね。
今まで、バレンタインデーには、手作りしたり、好きな人にだけじゃなくて、家族や友達にチョコを配ったり。
職場の人に渡すために大量に購入したり。かなり出費してきたかもしれなです。そんな私の一番のバレンタインデーの思い出は、高校生の時。
彼にサプライズで手作りチョコと高校生の頃には、大金だった2万円の腕時計を用意。
彼が、欲しいと言ってたやつをバイト代をためて、頑張って買った私て、なんて素敵な彼女なんだろうと自分に惚れ惚れしながら、待ち合わせへ。
彼も当たり前だけど、バレンタインデーだから、期待はしていたはず。
とりあえず、先にチョコを渡すと、嬉しそうにありがとうって言ってくれました。
せっかくだから、一緒に食べようと食べてる時に、もう一つプレゼントあるよと、時計の箱を渡したら、彼は、本当にびっくりして。
なんだか、子供がクリスマスプレゼントの箱を開けるような、ワクワク感とキラキラした目で、包装紙を丁寧に開いて。
そして、時計を見たとき、彼は、すっごく喜んでくれて、まさかの嬉し泣き。
まさか、泣いて喜んでくれるなんて思っていなかったから、私まで嬉し泣き。
今でも、すっごく思い出深いバレンタインデーの思い出です。熟女になってもこの時期は乙女です。

熟女生活を楽しむ

  • 投稿日:
  • by

熟女の楽しみといえばテレビ、食べる事、浮気など様々でしょうが、やはり一番は恋愛ではないでしょうか。
熟女出会いで浮気初体験はたいがいネットで遊びに終える女性が多いようで、その分恋愛に対する興味や熱も大きいそうです。
この世代の恋愛は特にマンガの世界に出てくるような王子様やEXILEのTAKAHIROや向井理などのとにかくイケメンを好む外見重視の子が多いみたいで外見ばかり見て中身を見ない為か遊ばれて捨てられる子も多いみたいです。
また熟女といえども老人でもない為、時にはパート先の先輩、街中のサラリーマンなど、年上の男性に興味を持つ子も多いそうで、知り合いに熟女と不倫をしている人がいるのですが、とても肉食女子らしくわがままで可愛い姿がたまらないと話していました。独身の私からすると熟女と不倫なんてうらやましい話ですが。
やはり純粋な眼差しにはドキッとさせられます。友達の主婦はアラサーなんてただのガキじゃんとひがんでいますがいいえただのガキではありません。心も身体も女でフレッシュでピチピチな最高の年頃なのです。年増に興味のない男性もいるけど、大半は興味のある男の方が多いと思います。
そんな事も知ってか知らずか世の熟女達は今日もあの笑顔でそれぞれの楽しみな時間を過ごしているんでしょうね。